第17回 愛のつどい感想
東京ディズニーランド
2004年11月3日(日)
301名参加
昨日は、ディズニーランドに お招き頂きありがとうございました。私は、4班でした!班長さんは とても気さくな方で よく声を かけてくださいました。アトラクションは待つためか ボランティアの方がブルーのカードで予約してくださったのでスムーズに見ることが出ました。私は、付き添いのTさんは、ディズニーランドの年間パスポートを持っていて とても詳しくとても良い道案内役でした! 親しくなり住所を教え合いました。その他のボランティアさんも よくサポートしてくださいました。ディズニーランドは4回目で障害を抱えてからは、初めてでした。15年以上ぶりです。パレードをゆっくり見たのは初めてでした。これがとても楽しかったです。思いがけなかったのは、桑田投手がいらした事でした。握手をして頂き嬉しかったです。少し疲れましたが とても楽しい一日でした。この様な機会を与えて頂きとても感謝しています。心からお礼申し上げます。

11月3日は、一日本当にお世話になりありがとうございました。あの日の楽しさを何人の人に話したか わからないほどです。私は一班だったのですが ボランティアさんが5人もついて下さり次々と予約して下さり色々な乗り物がほとんど待たずに乗れました。慣れない家族で行っていたら とてもあんなに乗れなかったと思います。またカーニバルの場所もとても良い場所を取って頂き きれいなお姉さんと一緒にダンスも出来ました。目の前のミッキーがまいた星形の紙吹雪も記念に大事にとってあります。本当に本当に楽しい一日をありがとうございます。また実行にかかわったスタッフの皆様 桑田選手 ミス日本の候補者の方々 そして多くのボランティアの皆様 重ねてお礼を言わせて頂きます。ありがとうございました。


タッフの皆様本当にお疲れ様でした!!班長が上手くできたかどうかはわかりませんが、皆さんが「楽しかった! また来ます!」と言ってくださり、自分も楽しめたので、良かったのかなぁ〜? と思ってます。補佐の子も 良く動いてくれました!何より 今回 楽だったのは 食事の席取りです(^-^)皆さんが 乗り物に乗っている間に、席の空き状況を見に行くと別の班が食べていたので、その場所を ごっそり借りる形になり、ものすごくスムーズでした!ありがとうございました!

今回は、私(母)が欠席したことで ボランティアさん班長さんをはじめ 一緒のグルーブのNさん等 皆さんに守られて一日楽しんだようで 「楽しかった」と言っていました。今朝は、かしわい苑(作業所)にディズニーランドのパンフレットを持って出かけました。本当にありがとうございました。

班長さん班長補佐さんの手際の良いリードで あの大勢の中  とてもスムーズな流れでた。乗り物も沢山乗れてアトラクションも12参加  昼パレードも見物 目一杯楽しませて頂きました。軽い障害の方もリラックスして楽しんでいられる様でした。チームワークは、良かったと思います。参加させて頂きまして本当にありがとうございました。初めてのTDLでしたので、夜のパレード迄時間を伸ばし その間 メリーゴーランド(20分待ち)ピーターパン(40分待ち)を楽しみました。何と言っても 一番は・・・エレクトリカルパレードで圧巻でした。一生分見せて頂いた感じです。宝石を散りばめた様なドリームは、後年寝た切りになったとしても記憶どこかに残って思い出す事でしょう。長年この様な企画をされていられる主催者の熱意と努力に敬意を表します。

今回のボランティアは、TDLという公共の場において人と接するといった責任のあるボランティアでした。周りの人達や本人が楽しんでくれるかどうかといった責任もあり、終了した後の実感は大きかったです。非常に大変なボランティアでしたが やりがいと達成感は大きな物があり 非常に貴重な経験をしました。

本日 Sさんの付き添いで参加させて頂きました。そちらで一緒について下さったボランティアの方達が 若い方ばかりで 生き生きとして楽しそうにしていらしたお陰で私達も心おきなく楽しむことが出来ました。特にSさんは、ディズニーランドには 初めていらしたので とても喜んでおられました。本当に楽しく気持ちのいい1日を過ごすことが出来ました。ありがとうございました。

今日1日事務局の方達お疲れ様でした。毎年この行事が私の楽しみになりつつあります。今回の班は、いろいろ意見が調整が難しかったですが それはそれ!皆さんなりに楽しんで頂けたと思います。今回は ミスのJさんも同じ班でしたが 一日中 頑張って車椅子を押して楽しかったです・・・と言われてました。次回は個人として参加されてくれたら喜ばしいですね!初参加 初車椅子押しという18歳の女の子も、障害者の方と楽しげに一日中 車椅子を押していました。私 個人的には昨年同じ班だった自閉症の子が私のことを覚えていてくれたのが 嬉しかったです。最初は気付かないくらい 背が大きくなってました。人間の成長って・・ホントすごいですね!又 参加します。

想像以上に参加された障害者の方に明るい方が多かったことに驚いた」 これが〜初めて本格的なボランティア活動に参加した私の率直な感想でした。障害者の方 自ら参加されたというのもあるとは思いますが・・前向きな方も多く ディズニーランドを十分に楽しんでおられました。前日までボランティアが出来るかどうか?不安だった私も 時間の経過があっという間に思えるほど楽しい時間を過ごせました。今回参加された方の様に明るく積極的な方々は ほんの一握りでこういう経験の出来ない障害者の方が数多くいるのだと思います。障害者の方がより楽しめる場を多く提供すると共に多くの方が積極的に参加出来る環境作りこそが とても重要だと感じました。最後に「障害者に対する従業員の対応」「バリアフリーの整った整備」など東京ディズニーランドの障害者の立場を考えた環境のすばらしさに感銘しました。

11月3日は、一日どうもありがとうございました。三家族 ひとグループで行動するのに リーダーさんをはじめ 4人ものボランティアさんがついてくれて 子供のそばにいながら ひとり楽をしてしまった気がします。私自身ディズニーランドは8年ぶりくらいで どのアトラクションも新鮮でした。障害のある我が子を連れて回ってあんなに沢山のアトラクションを経験出来たのもリーダーさんとボランティアさんの携帯を使っての連携プレーのお陰です。混んでいた日にも関わらず お昼もちゃんと食べられ  同じグループのボランティアさんたちは明るく楽しい方ばかりで とても気楽に話が出来ました。うちの子も フッとみると〜ボランティアさんの手を離さず一緒について回ってました。(私だと手をつなぎません)うちの子は、お話も出来ないし親の私でさえ何を要求しているのか わからない事が多多あります。そんな子を受け持ってボランティアさんも さぞ困ってしまう場面もあった事だと思います。うちの子は、「楽しかった」と言葉を発してくれませんが 母の私は楽しかったです。でも もし うちの子が片言でも お話が出来れば 「楽しかった」と言ってくれたと思います。  

               

トップページへ