第21回 愛のつどい感想
東京ディズニーランド
2008年10月26日(日)314名参加
   

初めて参加しました。いつもは家族で行くディズニーランドですが、ボランティアさんやボランティアさんや他の参加者さんと一緒に回るディズニーランドはまたひと味違って、いろいろ興味深かったです。ボランティアさん方の程よい距離感が良かったと思います。私たちに心配りしつつも自分たちもEnjoyする様子が爽やかでした。優待カードを駆使して、たくさん乗り物になったり、良い場所でパレードを見ることできたのは、「お見事!!」という感じでした。感謝感謝です。子どもと家族以外の方との余暇活動はあまり経験したことがなかったので、子どもの様子などいろいろ将来に向けての参考になりました。このような機会を設けてくださり、ありがとうございました。来年も参加できたら嬉しいです。
たいへんお世話になりました。11名の団体でしたが、ボーイスカウトのNさんが入っていらっしゃって、うまく乗り物は誘導していただき9つも乗る事ができました。参加者はとても満足していました。パレードも見やすい所で2回見て、手をたたいたり踊ったりで楽しんでおられました。歩行可能な方々でしたので、これができたと思います。ただ、目を離すとすぐどこかへ行かれてしまうので、皆で多数歩いている方々の中で、目を見張って付いていく様にしました。手をつないだり、笑ったり、手をたたいたり、踊ったりであっと言う間のお別れでした。参加者が疲れたと言わないでついてきてくれて、きっと次の日はぐったりしたのではないかと、ちょっと心配でしたが、皆様でディズニーランドにくり出さないと思うように乗れたり、見たりは出来ないと思いました。そして、ボランティアの私もとても楽しませていただきました。子どもの気持ちになって楽しんだりディズニーのキャラクター達と握手したりして、充実感をえられました。TDLの皆様 ここまで準備して頂いたスタッフの方々・桑田さん・皆様ありがとうございました。事故もなく、終わってお疲れ様でした。次回もぜひオレンジタイの中に入ってお手伝いが出来ればと思います。

★参加費が安くて、楽しめ、サービス介助士の資格が発揮できるイベントでよかったです。★お身体の不自由な方と一緒に行動し、コミニュケーションをとるうちに、元気になっていく様子・変化が手にとってわかり一期一会の素晴らしさを実感しました。★自分が楽しくないと相手も楽しめないので自分が遊ぶつもりで来ました。お身体の不自由な方も楽しんでいただけたので次回は是非、班長に挑戦してみたいです。★車いすを操作して、こんなにも道が斜めになっていたことを知り驚きました。★前日、サービス介助士のテキストを読んで勉強しましたが車いすをさわったのは受講以来で不慣れでしたが、コミニュケーションをとり、楽しんでいただけました。
★各班サービス介助士が2〜3名いましたが私の班はサービス介助士だけの班でお身体の不自由な方は2人ともオーダーメイドの車いすを利用されていました。動かすことができない方でしたので、移乗(トランス)もできない状態でした。介助よりも、介護(食事・排泄介護)が必要な方でしたので、そこまで専門知識がないので苦労しましたが楽しく過ごすことができました。★来場者が多すぎて車いすを操作しながら思うように移動できませんでした。前を歩く人が急に止まってしまって、少しぶつかってしまったりパレードで移動できなくなったりして大変でした。★全盲の方を介助しました。周りの状況「この先にシンデレラ城があります」だけでなく、もう一歩つっこんで、「三角の屋根で色が何色で」など、もっと伝えられればよかったです。★アトラクションもあまり乗れず、あっと言うまに
終わってしまいましたた。★班員にディズニーランドに来たことがない方や1・2回しかきたことがない人の班だったので、アトラクションも内容がわからず、迷子の集団のようでした。次回は園内の地図の把握をして来ようと思います。★サービス介助士同士の出会いもあり、来年も是非参加したいです。★実技講習でお世話になったインストラクターと再会できたこともうれしかったです。
★車椅子移動時・・TDLだからなのか、街中よりも往来する人々が避けて通ってくれたり、待機してくれていたり、皆親切だった気がしました。★雨が降ってきて班の誰一人として傘を持っていなかったこと。班長さんはそれが一番後悔していらしてたようです。★利用者のご家族の方からのご希望に沿ったイベントにご案内できて良かったです。★利用者家族の方にゆっくりお買い物をしていただくお土産タイムを提供できたことが良かったです。★班長さんの存在は、水先案内人として、とても心強かったです。無駄なく移動できました。★他の人のボランティアの様子を見ていて、声かけ「寒くない?」と言いながら利用者の手に触れた、スキンシップで
コミュニケーションをとる方法にすごいなぁと思いました。★お見送りの際、見えなくなるまで両手を降り続けてくださった
利用者家族の皆様を見て、我々の今日一日がお役に立てたかなと思えました。★車いすの移動時の段差・スロープは、どのくらいで前進と後退の切り替えをしたら良いのか?についてもディスカッションするほど、熱〜い反省会になりました。★当日までは楽しみな気持ちと不安な気持ちが半々でしたが、本当に楽しく過ごさせて頂きました!!★私たちの班は車いすをご利用の男性お二人でした。父親世代の方たちでしたが、前向きで明るく私たちボランティアに気を使ってくださり、こちらが逆に勇気づけられたような気がします。★人生の途中で障がいを持つことになっても自分ができることは自分でし(自立自助ですね)、手助けが必要な場面では自然に「お願いします」と笑顔で声を掛けられて、すごいな、と感じました。

初めてボランティアとして参加させて頂き、大変良い大変ができた事、又、新しい人達との出会いをさせて下さった愛のつどいの方達には感謝しております。○班の班長・副班長・ボランティアで参加したKさんご夫婦には大変助けて頂きました。私が担当させていただいた方は知り合いのお子さんでしたが、一日一緒に居たことが初めてでしたので、その子のいろんな事を知ることもできました。
私が感じた事は、できる事ならお母様が一緒に居るよりは居ないほうが良いのではと感じました。当日は相変わらず天気もハッキリせずにという状態ではありましたが、最後は私は他の班の参加者の方達とも少し交流してみたかったなと思いました。違う班に参加した知り合いのお母様が班長さんだけが見送りで何に乗ってとかその子の様子を教えてくれなかったのが不満だったと言っておりました。来年もボランティアとして参加したいと思っていますが、参加するにはやはり参加者の方達には気持ちよく楽しんで帰って頂きたいので、要望としては全班長さん達がちゃんと打ち合わせしてボランティアにも指示して頂きたいと思います。
Tさん&Tさんには大変お世話になりました。人で混雑している中、スムーズに誘導していただきました。アトラクションでは入る時、並ばずに入り口で待って入場でき、昼食時も余裕のある静かな場所を選んでゆったりと食事ができました。おみやげも注文通りのものを買っていただいたり蒸気船に乗るのに待っている時、ポップコーンをTさんがずいぶん並んで買っていただきました。パレードもとても見やすい場所に誘導していただき、はっきりと見ることが出来、感動しています。本当にマンツーマンで対応してくれました。
私たちは少し早めに退場したのですが、写真を受け取り、手続きやら最後までお世話いただき、ゆったりと帰宅できました。本当にありがとうございました。とても私だけでは、これらをこなすことは無理です。 
トップページへ