第24回 愛のつどい感想
東京ディズニーランド
2010年10月24日(日)334名参加
   

昨日はディズニーランドで楽しい時間を過ごすことができましてありがとうございました。集合時間に遅れてしまい最初からご迷惑をおかけしました事、本当に申し訳ありませんでした。帰りには一人1枚の集合写真まで頂きありがとうございました。また主人のランド内での車椅子代金や私たち全員の食事代まで用意して頂き感謝しております。看護師の方がずっと一緒に対応して頂いて心強く一日を過ごすことができました。休む暇なく付き添って下さって、「何でもおっしゃって下さい」とこちらの希望を叶えて頂き、申し訳ないと思いつつも夢のような時間となりました。優しく頼りがいのある看護師さんと、うちの子どもと同年齢の明るく可愛らしい笑い声の専門学校の生徒さんとミス日本の素敵な方と一緒でうちの男性陣は特に幸せそうでした。。。普段は決まった場所で同じメンバーとしか活動できないので、ディズニーランドが楽しいのは勿論なのですがそれ以上にいろいろな方と出会えた事を本当に感謝しております。どうしても子供にかかりっきりで主人のことは後回しで、ゆっくり話しを聞く心の余裕が無いので主人はボランティアの方と思う存分、お話しができて満足していたようです。Kはだんだん体の自由を奪われていく病のため、今 経験できる事をたくさんさせてあげたいと思っています。そんなKの人生に関わって頂いて本当にありがとうございます!愛のつどいのスタッフの方、ボランティアの方、直筆のサインを書いて頂いた桑田真澄さん、皆さんに感謝の気持ちでいっぱいです。どうぞ皆様によろしくお伝え下さい。
ありがとうございました。

10月24日のディズニーランド愛のつどいに参加できてとても楽しかったです。元巨人軍の桑田さんと一緒に写真も取れたし握手もしてもらえて感激しました。とても混んでいたけど、いろいろなアトラクションに乗りました。友達も出来て楽しかったのでまた参加したいです。

愛のつどいに参加させていただきありがとうございました。日頃からどうしても家族と出かけることが多く、特別支援学校を卒業してからは同年代の方とお話する機会も少なくなっていましたので、親以外の方たちと交流できる機会があればいいと思い一人で参加させました。今回参加者、ボランテァさんとも同年代の方でとても楽しかったようです。いつもは人見知りですごく緊張してしまうのですが、4時にお迎えの時に楽しそうに班の方たちとお話ししていた様子を見て良かったと思いました。皆さんのおかげで楽しいひと時を過ごせたようです。本当にありがとうございました。

10班  ミス日本候補生 A
私は今回初めてボランティア活動と言われるものに参加しました。小学校の時は養護クラスがありそのお友達とは壁なく学校生活を送っていましたが、この3年間では障害者の方々と接する機会もなく「障害者の方のボランティア活動」と言う事がとても大きなことに感じられ私で務まるのだろうかと不安でもありました。が、それと同時に活動に参加できる事にとてもワクワクしておりました。私自身ディズニーランドはもちろんテーマパークが大好きなので障害者の方々にもディズニーランドでたくさん楽しんでもらえるようにという気持ちを持って参加させていただきました。私が担当した班には知的障害の6歳の男の子と自閉症の19歳の双子の男の人がいらっしゃいました。私が15歳で6歳の男の子も19歳の男性も少し年が離れているかな?とは思いましたが6歳の男の子には少し親近感を感じていました。なぜなら私が小さい子どもが大好きということもありますが何より私には6歳の弟がいるからです。6歳のR君と一緒に手をつないで歩いたり、話をしたり、アトラクションは隣で乗ったりと本当に自然に仲良くすることができました。ただ一つ気をつけていたことがあります。R君と接する時にはりょうくんの目線に合せて目を真正面から見て会話をしました。弟と話す時にはあまり意識していないのでそのことだけは徹底しました。そのことがよかったのかどうかは分かりませんがりょうくんとはとても仲良く楽しく過ごす事ができました。でも残念な悔しかったこともあります。それは19歳の双子の男性と話ができなかった事です。私は皆さんとお話をしてコミュニケーションをはかろうと思っていましたが、話すタイミングが見つけられずに終わってしまいました。ただアトラクションに乗っているときなどの楽しそうな笑顔はとても心に残っています。笑うということはとても大切なことだと感じました。笑っている人はもちろん見ている人もとても楽しい気持ちになれるからです。今回の参加を通して色々な人とのかかわり合い、笑顔の素晴らしさに改めて気づき、私の思うボランティアとは「たくさんの人の笑顔」と感じることができました。またボランティア活動は自分も成長していく場だということを実感しました。これを機に今後もボランティア活動に積極的に参加していきたいと思います。最後になりましたが「愛のつどい実行委員会」の皆様、素晴らしい機会をくださり有難うございました。

4班 Hさん
数日前から楽しみにしていましたが、いざ当日になって何か失敗してしまったらどうしよう、一緒に楽しむことができるのかな?などと考えるようになっていました。私は今までボランティア活動をしたことがなく、障害者の方と接する機会が全くなかったからです。グループの中には福祉関係の学校に通っている方ばかりで、車椅子の使い方を教えていただきました。けれども、周りの方の足にぶつけてしまい、にらまれたりもしました。障害者の方々と一緒に回って気がついた事は、ランド内に段差がほとんどない、そしてクルーの方々がとても親切でした。みんなでミッキーマウスのお家に行った時のこと。外では沢山の人が並んでいるにもかかわらず、ミッキーは一人ずつ写真を撮ってくれました。そして、何度も何度も握手やハグをしてくれるので、障害者の子供達の嬉しそうな顔を見ているとすごく幸せな気分になり感動しました。本当に素敵な時間を過ごせました。普段ではこのような経験はできません。また来年も参加させてください。ありがとうございました。

                      

トップページへ