第28回 愛のつどい
2014年11月9日 東京ディズニーランド 曇りのち晴れ
343名参加
      











◆ Tさん   この度は愛のつどいに参加させて頂きありがとうございました。初体験の為、資料何度も目を通し、図書館で本を借り少々知識(奥の深い)? 当日は緊張、不安いっぱいでした。が…班長のTさん、副班長のKさんのリードのもと、スムーズに見学でき感謝しています。23才男性の方とお話する機会(昼食準備時)があり、始めは声かけするも「ハイ」「ハイ」と言われましたが、私が初参加の旨、伝えると、色々ディズニー施設のこと話して下さり少々笑顔も見られ、内心ホッとした私です。17才男性もディズニーランド詳しいようで、沢山教えて頂きました。特にパレードが大好きのご様子。楽しまれていると感じました。14:00以降、指しゃぶりの行為あり。疲れ?ストレス?空腹?…これに対し、見守るのみでした。17才女性、時折、笑顔も見られ意志決定(+)。水分補給、声かけOK、パレード時、カメラで自ら撮りご機嫌のご様子。 ※班長さんはじめ、皆々様にお世話になりました。私69才という高齢にもかかわらず、何一つイヤな態度みせず、私にとっては有意義な時間過ごさせていただき、重々感謝です。機会がありましたら又ご一緒させていただきたいと思います。
 
   
◆ Hさん(母) 本当にありがとうございました。本人の口からは“あ−楽しかった−!!”“楽しかった−!!”の連発でした。本人、月曜日から寄宿舎へ行っているので、先に母が感想を送らせていただきます。今回は初めてサービス介助士という資格があり、そのためのお勉強をされている方々がいることを知りました。世の中はこういう人達によりノーマライゼーションやインクルーシブ社会への道が開かれていることを知りました。それに一番感動しました。ボランティアの方々に“おもてなし”をしていただき、家族でTDLに行った時は大変なこと、困ることがありながらも突進していたことに気づきました。“あっ困った!”の瞬間がなく万事スムーズに動けるようお手伝いいただき感謝です。娘は鉄道マニアですが、今回ナント!!西武鉄道と大雄山登山線の運転士さんがいらして下さり、母娘で大変ビックリしました。母はこんなチャンスはないと思うのに、娘は憧れの人が目の前に2人もいると、言葉も出なくなり照れてしまっていました。案の定、帰宅してからあれを聞きたかった、これを話したかったと後悔していましたが…でも沢山いるボラさんの中で半日一緒にいられる機会があっただけでも、彼女には神様からのプレゼントだったと思います。ドコモでもサービス介助士の方々がいて、どんな人にも利用しやすいように考えて下さっていることも目からウロコでした。弱者にとって携帯等のツールは、使いこなしにくいけれど、命綱でもあるものなので、ショップにいる方の意識は大切だと思うと同時に、何でも価格だけを考えてはいけないと反省したりしました。今回、私自身の反省は、お友達と組みたいと希望し叶えて頂きましたが、お友達とはまたいつでも話せるのだから、もっとボラさんと娘が触れ合えるよう、別の障害の方とも接してお互いを理解するチャンスにすればよかったな…と思いました。ですが、娘自身はよく知っているお友達とお母さん達に囲まれていたから更に安心で「楽しかった−!!」と話していました。来年も抽選に当たれば、是非参加させて頂きたいと思います。本当にありがとうございました。
 
 
   
 
 

   
 
 Yさん  障者の方に直に接し介助させていただくのは今回が初めてでした。お話が沢山でき親睦がはかれ楽しかったです。身障者3名は今まで参加の経験のある方々で、各人がやりたいアトラクションを決めて来られたご様子でした。時間の制約もあり希望しないアトラクションにも入らなければならず我慢していただく場面がありました。班行動なのでしかたないことと思いながらも、少し気になりました。
 
   











                 

   

       




トップページへ