愛のつどい   
ALS患者様と東京ディズニーランド
2014年5月25日(日)136名参加


日曜日はどうもありがとうございました。ALSの患者さんが皆、とても楽しそうに過ごされているご様子でしたので、
本当に嬉しく、感謝の気持ちで一杯です。ボランティアさんも皆良い雰囲気でしたね。「愛の集い」の活動は素晴らしいなあと思いました。


今回ALSの方、そのご家族のお手伝いをさせて頂きました。
ALS患者と言えども、ボードを使用せずにコミュニケーションも取ることも出来る方でしたので、意思表示もハッキリわかり私達ボランティアチームもご家族と混ざり楽しい一日を見守る事が出来ました。ALSの病気のことも、ご家族に少し聞く事が出来ました。発症は二年前になり、初めは息苦しさがら始まったそうです。
病院では、なかなか病名にたどり着けず、暫くはうつ病の薬が処方されていたとの事。一年間はずっと寝ている状態が続いていたが、2月に車イスを使用して旅行にも行けたと喜んでいらっしゃいました。今年はこの病気が発症してから3年目に入るそうです。このような話をしていましたが、ご家族はとても明るく協力的。お孫さんが近寄って行くとご本人も笑顔になっている気さえする、優しい目をされます。一日人の多い所で過ごされたので、お疲れになったと思いますが、帰りは病気に負けず、又お会いしましょう〓との声かけに手を握り返して応えて下さいました。当日気になったことが数点ありましたので報告させて頂きます。
ご本人の排泄介助もさせて頂きますよ!と伝えたのですが、大丈夫〓と言われ、ランドにいる間に一回もトイレに行かれませんでした。奥様に声をかけて頂いても同様でした。あと、車に乗る際、ご家族から手伝いの依頼がありました。障害者仕様の車ではないので、椅子が回転する訳でもなく、少々大変な一面もみました。
我が班は男性もおり、お手伝いもあったので問題なかったのですが、今後はその点もベースに入れておくべき事なんだな〜と思いました。今回の経験で沢山の事を学ばせて頂きました。本当にありがとうございました。沢山の笑顔がありましたよ そして関係者の方々のご配慮、ご尽力に多くの感謝申し上げます。

愛のつどいボランティアさんは、イベント終了後に  参加した障がいのある方は 楽しめたかな?失礼はなかったかな?と反省をしていると本部の方から聞きました。ボランティアの皆さん 本当に有難うございました。どれほど 楽しませてくださり気を使って頂いた事でしょう!! 一生涯忘れられない思い出を たくさん頂きました。どうぞ皆様お元気で お過ごしくださいますよう。ご多幸を心からお祈りいたします。

                      

トップページへ