桑田真澄さんより
障害のある方にサインのプレゼント
   
第23回 愛のつどい感想
東京ディズニーランド
2009年10月4日(日)311名参加
   

★今回2度目のボランティア参加でしたが 前回は班長がしっかりしていましたが 今回は今ひとつ足りなかったような気がしました。参加する以上は自分はこれは恐いから乗ってきてとか言うのは変ではないでしょうか?若いボランティアに全て任せているような気がしました。本来こういうものに参加するのでしたら班長なのであれば責任があるのだから参加者の人の乗りたいものには一緒にのるべきだと私は考えてます。最終的には参加者の方は喜んでいましたが私は少し考えさせられる事が多々ありました。又 ボランティアだからと言って最後にはちゃんと班別に解散するのも良いでしょうが ボランティア全員集めて 実行委員の方達が一言あっても良いのではないでしょうか? 去年もその事は感じていました。

★先日はありがとうございました。今日ついてくれたボランティアの若い娘さんありがとう 重い私を嫌がりもせず 左足が不自由に動かない事を最初に話したら 次からは何も言わないで私の足を車椅子の足置場に乗せてくれて その上 重いリュックも背負ってくれて とても感謝しています。 また 今回は班長さん 副班長さんがついてくれたので先々と とってくれたので 5つ乗ることが出来ました。それも長年 乗りたいと思っていた船みたいなのに乗って水の中を走り 滝のような岩壁な処を滑り降り 水の中にバチャンと落ちて シブキをあげる ずっとテレビで見ながら乗ってみたいと思って70歳の現在迄 乗れずにいたことを食事の時 班長さんと副班長さんに お話をしたら それに乗りましょうと 副班長さんが すぐに走ってくれて とって下さり 長年の思いが 叶いました。乗ってみて思ったほどの恐怖もなく 最後に頭にも顔にも  水しぶきの 洗礼をうけましたが 爽快な気持ちでした。でも 船の乗り降りに自分の足の衰えを感じ今年乗ることが出来て良かったと思いました。この先 段々体力も衰え気持ちもなえて 乗ることは出来ないだろうと思いましたので 今回が最初で最後のチャンスが出来たのも 愛のつどいの皆様とボランティアさんのおかげと感謝しています。ありがとうございました。これからも体に気をつけて頑張ってください。

★初めて参加させて頂きましたが遅刻をしてしまい ボランティアさん方 同じ班の方々にご迷惑をお掛けしてしまいました。すみませんでした。でも班の方皆さん良い方で親切で楽しい時間が過ごせました。ボランティアさんが先回りして順番とっておいて下さったりして助かりました。身体の状態も同じ様な方達で同じ班にしてくださっていたので乗れるものも乗り方もお互いに迷惑かける事も少なかった様に思えました。ゲストカードもボランティアさんが解散した後も使ってくださいと くださり 解散後も快適に過ごせました。子供に接して欲しかったのでお話してくださったり楽しく過ごせ良い経験をさせて頂きました。

★自立支援法後 やりくりが上手に出来ず年1度の旅行もあきらめました。そんな中 友人からこの会を聞いて 早速申し込みました。とても親切にお電話での対応をしてもらい 電話のやりとりを横で聞いていた息子が 安心して任せられると 送迎だけしてくれました。旅行もあるとうかがったので またお仲間に入れてもらえると有り難いです。何かとご面倒おかけしました。ボランティアの皆さん本当にありがとうございました。

★初の参加でしたので どこまでボランティアさんが我慢できるか?本当に不安でした。悪い癖を持っています。他人に失礼な行動をとります。外出は控えておりますが 今回は思い切って参加してみました。ボランティアさんは 笑いながら何度も手や足を自分の手で押さえてくれて 代わりに他人に謝り 何度も何度も繰り返し 私は頭の下がる思いでした。何事もなかったように 食事の時には楽しい話で盛り上げてくださり 乗り物をとりに行ってくださり 愛のつどいのボランティアさんは 団体の職員の方かと聞いたところ 全員がボランティアで一般公募で集まった方とうかがい驚きました。一日ありがとうございました。また来年も参加したいです。 

                      

トップページへ