第23回 愛のつどい感想
東京ディズニーランド
2009年10月4日(日)311名参加
   

★今回の参加で感じた気持ちを大切にして人生を歩いて行こうかと思っております。どうしても納得いかないことや どうしても逃げられないこと 人生はそんな事ばかりです。でも こんな楽しい愛の集いの一日を頂戴しました。皆さんに感謝です。どうして自分ばかりとか いろんな事情や他人のこと 家族までも嫌う時が多々あります。感謝という気持ちをすっかり忘れておりました。みんなに支えられて生きてるんだという気持ちをすっかり忘れていました。私がご面倒をかけているのに ボランティアさんは、何かにつけて ありがとうございます 有り難うございますと 私に声かけしてくれたお陰で 私は 感謝の気持ちを取り戻せました。本当にご面倒おかけいたし 楽しい笑いの絶えない時間をくれて 心から感謝します。皆様 お寒くなりますのでお風邪に気をつけて これからも頑張ってください。

★ミス日本のきれいなお姉さんが ご親切にしてくれて とても優しく幸せを感じました。有り難うございました。

★桑田投手とお話が出来て写真も撮らせていただきました。気持ちよく握手もしてもらいました。大きな深い手でした。世界中が知っている有名な投手と話せて私は幸せを感じました。沢山の乗り物にパレードを見て 皆さんに親切にしていただき こんな機会は二度とないのでは?と思いました。来年も参加したいですが 他にも私のように外出がなかなか出来ない障害を患っている方が日本中に沢山おられます。どうぞそんな皆さんに東京ディズニーランドの企画を楽しませてあげてください。たくさんの方々に 幸せを届けてあげてください。東京ディズニーランドの皆様 愛のつどいの皆様 今後もこの活動を続けてください。沢山の人の心をあたためてあげてください。ありがとうございました。またお会いする日を楽しみにしています。

★桑田さん 薗浦実行委員長さん 東京ディズニーランドの皆さん 愛のつどいの皆さん 1日楽しませて頂きました。皆様のご健康を心からお祈りいたします。                      

★私は福祉の仕事に就こうかと悩んでるところ 今回愛のつどいに参加しました。人気が高くキャンセル待ちをしましたが 日程を空けて待っていて良かったです。介護とは 教室で教科書を見ながら学ぶものとは全く違いました。技術的にも 教科書で学んだようには出来ず 自分自身にいらだちを感じました。つくづく 感じた事は 毎日毎日介護をしてる方は どんなに大変であろうかと・・・・
単調な事務職の私が 偉そうに福祉の介護の仕事を始める などと軽く口にしていたことを恥ずかしく思いました。ひとときもも神経休まずに介護される班の皆さんの真剣な眼差しに 頭が下がりました。班の皆さん愛のつどいの皆さん本当にお世話になりました。有り難うございました。

★ミッキーさんと写真が撮れました。お兄さんお姉さんのおかげです。ミッキーさんは 僕に抱きついてくれてあったかい嬉しい気持ちになりました。東京ディズニーランドは世界一きれいな楽しいところです。有り難うございました。

★親子での参加でした。歩きずらいので車いすをお願いしましたが 車いすに乗りなれてなく 少し疲れました。でも楽しく普段乗れないものに 乗せてもらいました。有り難うございました。

★二度目の参加です。以前より ボランティアの集まりが悪く 朝のミーティングがうまくいきませんでした。でも比較的混雑がなくレストランも本部の方がとってくれたのでスムーズにいきました。解散式が以前はありましたが 今回はなかったので 早くTDLで遊べましたが 解散式やゲームも以前のようにあれば また 是非 参加したいです。TDLでのゲーム大会は 他では経験出来ないので!!今後も楽しい愛のつどいに ボランティアとして参加したいと思っております。またよろしくお願いいたします。

トップページへ