第32回
愛のつどい感想

東京ディズニーランド

2018年10月28日(日)
晴れ(*^_^*)
330名参加
 
        
      





     
第32回愛のつどいは、2018年10月28日に330名(障がいのある方115名と同伴者の方・ボランティア215名)で 
35周年東京ディズニーランドを楽しんできました。事故ケガ トラブル揉め事なし!無事終了させていただき皆様のご協力に心から感謝申し上げます。パレードもイルミネーションも素晴らしい!!美味しかったですね(*^_^*)クランチコラボアイス、スペシャルチュロス、いなりソーセージドッグ、牛カルビライスコーン、スペシャルスパークリングドリンク、ピッツァ・スモールワールド(^_-)幸せになれる夢の国 東京ディズニーランドに感謝し永遠を祈念します。2018年もよい年でした。2019年も皆様にとって素晴らしい年となることでしょう!お元気でお過ごし下さい。

   
   
 N様 第32回ディズニー愛のつどい では、大変お世話になりました。今回初参加でしたので、最初は少し緊張してしまいましたが、班長さんも副班長さんも優しくて親切な方だったので安心しました。普段から早起きは苦手なのですが、当日は朝4:50 に起床して準備をしました。6:30 に自宅を出発して8:10 の集合時間に間に合いました。ハロウィンのイベント期間中で10月最後の日曜日という事もあって、パークの外から大混雑していました。個人的にTDLには何度も行っていますが、こんなに大混雑しているのは初めての経験です。入園前に行きたいアトラクションや観たいショーなどの希望を班長さんが聞いてくれて、園内を回るプランを立てて予約を入れてくれました。班長、副班長、ボランティアの方のおかげで大混雑している中をスムーズに観て回ることができました。あまりの混雑で一時、通路を前に進めない状態になりました。満員電車に乗っているような感じで今にも、もみくちゃになりそうで怖かったです。車いすユーザーは人の荷物が自分の顔にぶつかる事が多々あります。そんな時、班長さんや副班長さんが私たちにぶつかったり、足を踏まれたりしないようにガードして守ってくれました。お二人とも女性でしたが体を張って守っていただき、本当にありがとうございました。心から感謝しています。ただ一つ残念だったことは、男性ボランティアさんがいましたが、たぶん何をすればよいのか分からなかったのかも知れません。私達がアトラクションに乗降する際に、何もお手伝いいただけなかった事は残念に思います。もし、何を手伝えばいいのか分からない場合は、私達や私達の付添人に聞いてくださると助かります。アトラクションに乗降する際に車いすユーザーなら、車いすが動かないように抑えて欲しい、荷物を持って欲しい、身体を支えて欲しい等など、お願いすることができます。ボランティアの方々にお願いです、お手伝いに迷われた際には遠慮なく私達や付添人に積極的に聞いてください。レストランで昼食をするのも大行列、トイレに行くのも大混雑で大変さもありましたが、当日は晴天に恵まれて絶好の行楽日和!事故やケガもなく無事に楽しめたのは、主催してくださった 愛のつどい実行委員会の方々、班長、副班長、ボランティアの方々のおかげです。皆さん、お疲れさまでした。本当にありがとうございました。また機会がありましたら、ぜひ参加させていただきたいです。やっぱり、夢と魔法の国は素晴らしい! 最高の一日を提供してくださって感謝いたします。

 
 
 T様 今回の愛のつどいにお誘いいただきまして、大変感謝しております。最初、待ち合わせ場所にて皆さんとお会いした時には顔見知りの方がおらず、同年代の方もいなかったので打ち解けるかどうか不安でしたが、まず挨拶や自己紹介をしたのち最初にどのアトラクションに乗るかどうかの相談をしていく内に段々と打ち解けていき、安心しました。そのあとは、中学生の頃に修学旅行で来たっきりでおよそ10年はディズニーランドに行っていなかったので色々と変わっていて戸惑いながらも、当時行けなかったアトラクションや新設されたアトラクションにも乗ったり、待ち時間や行動中にも皆さんと世間話をしたりと楽しい時間を過ごせて新鮮な体験を味わうことが出来、誠にありがとうございました。またの機会がありましたら、その時に再度皆さんとお会い出来ることを楽しみにしております。

O様
その折は親子で、そして友人達と一日ディズニーランドを満喫させていただきありがとうございました。25班、班長さんをはじめボランティアの方々には大変お世話になり、このような機会をいただけたことに感謝しております。今回初めての参加でしたが、又是非参加させていただきたいです。ディズニーシーも希望したいと思います。ありがとうございました。
トップページへ